なにわ男子の西畑大吾くんへ

 

拝啓 西畑大吾

 

日に日に秋も深まり、コタツにみかんが恋しい季節が着々と近づいて参りましたが、お元気でいらっしゃいますか?

 

暑くも寒くもなく、花粉も飛ばない"秋"が1番好きだと、あらゆる媒体で語ってきた大吾くんに(なんだその理由………)とニヤついていたけれど、今も好きな理由は変わらないかな?

 

実は私も秋が好きで、理由はお店に並ぶ厚手の新作ニットがかわいいから、かぼちゃが好きだから、かぼちゃスイーツが好きだから、さつまいもが好きだから、焼き芋が好きだから、ふかし芋が好きだから、"食欲の秋"を理由に好き勝手食べれるから……って私がジャニーズJr.だった頃Myojoのインタビューで答えたんだけど、今現在の私は確実に「なにわ男子のデビュー日が11月12日だから」なのよ本当だよ。

 

 

2018年7月、ハロオタだった私は推しの卒業で傷心の中、ジャニーズについてほとんど無知の状態で関西ジャニーズJr.の西畑大吾くんというアイドルを見つけてしまいました。

 

「こんなにもド真ん中のアイドルがジャニーズにいたんだ」って、雷を打たれたような衝撃だった。

 

所作の一つでパッと目を引き、そのまま惹き込まれるほど完成された魅力を放つ最高のアイドルなのに、あんな大きな事務所の中でJr.としてひっそりと存在していたことに驚いた。

 

"ジャニーズ"を好きにならないとなかなか出会えないような場所に、こんなにも素晴らしいアイドルが隠れていたんだ…と。

 

「絶対に世間が見つけにいくべきアイドル!」って。

 

偶然大吾くんを見つけることができた当時まだジャニオタではなかった自分の幸運さに、今でも震えます。

が、それも大吾くんの健気で謙虚な努力たちと一つひとつのメディア露出を大切にする精神の賜物なのだろうから必然ですよね……(涙)

 

 

大吾くんを好きになってからは、大吾くんの立つ場所が私の世界の中心で。頂点で。1番大きく感じられる場所でした。

 

 

いつもおふざけ混じりに189cmを自称する167cmの大吾くん。私には割と本気で189cmに見える時があったよ。

 

関西ジャニーズJr.という大きな集団のど真ん中に立ち決して歩みを止めず、着実に道を切り拓いて京セラドームまで辿り着いたその背中は、猫背だろうと不器用だろうと納豆とトマトが苦手だろうとなんだろうと逞しくて、強くて、温かくて、とっても大きかったよ(涙)

 

 

そんな逞しい大吾くんが、ころんと子犬のような愛くるしいサイズ感で在る場所ってのがなにわ男子で。

肩の力を抜いて、与えられる愛を思いっきり吸い込んで、背負っていた荷物を仲間と分け合って、ふにゃ〜っと笑う幸せそうな姿。

どうかもっと長く、これからも末永く見続けていたいと願っていた安心できる心の居場所。

 

 

今までたくさんがんばってくれた大吾くんが、こんなにも素敵な仲間に囲まれて夢を叶えていくことが本当に嬉しくてたまらないです!

 

 

あれ……伝えたいことがありすぎてもうよくわからないな……

今まで私は何を書いていたっけ……

 

 

でも、伝えたいことはただ一つ!

 

大吾くん、がんばったね!本当によくがんばった!

いつもがんばってくれてありがとう!生まれてきてくれて、アイドルになってくれて、風の日も雨の日も嵐の日にも踏ん張って前に進み続けてくれて、たくさんのあたたかい言葉をくれて、わたしをしあわせにしてくれて、本当に本当にありがとう!

(全然ひとつじゃなかったですね……)

 

関西ジャニーズJr.の西畑大吾くんがくれたたくさんの思い出は、これからも忘れることなく私の大切な宝物にします。

 

 

大好きな大吾くん、そしてなにわ男子の皆様!CDデビューおめでとうございます!!!!!!!本当に本当におめでとう!!!!!!!

(初心LOVE、素敵な曲でした。)

 

 

これからも7人で笑っていてね。

忙しくてもおいしいごはんをもりもり食べてね。

そして、心から幸せでいてね!

 

未来が楽しみで楽しみで仕方がないので、これからもず〜〜〜〜〜っと愛させてください!

 

 

かしこ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

………。

 

 

ヤッター!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!なにわ男子がデビューしたよ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!バンザーイ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!うれしい〜!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!ハッピー!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!(冷めやらぬ興奮)

 

 

 

 

 

 

J Storm!!!!!!!!!/のバカデカ音量で頭を冷やしてきます。(第2章の幕開けですね……)