私が愛するアイドル

 

私の愛する推しは、お芝居が好きだった。

歌割りがなかなか貰えず、ダンスのフォーメーションも後列の端っこ、そんな時代にも、演劇作品では主人公を食うほどの重要な役を任されていた。

そんな工藤遥ちゃんは「女優になるため」と、幼い頃から愛してきたモーニング娘。を卒業していった。

 

 

工藤遥ちゃん卒業後、私の心のほとんどを占めていた【アイドル】の器は空っぽになる。

そこにスっと入り込んできてくれたアイドルが、西畑大吾くんだ。

 

 

偶然西畑大吾くんも、お芝居が好きだった。

数多のジャニーズJr.の中からたった一人選ばれ、朝ドラに2回も出演している。

その他にも映画や舞台で経験を積み、"芝居"というものを、自分にとっての強い武器として大事に携えるようになった。

 

 

 

でも、私が2人を好きになったのは決して「お芝居が上手だったから」というような理由ではない。

 

 

 

 

工藤遥ちゃんは、卒業するその日まで、1日たりとも"アイドル"でいる事を止めた日がなかった。スカした態度ひとつ見せず、ファンを愛し、ファンの愛を素直に受け止め、ファンの需要にたくさん応えてみせた。「自分はこういう人だ!」というこだわりに縛られず、求められた物にチャレンジしていく姿を見せ、それすら「楽しい!幸せ!」と、最後の最後まで"アイドル"で居続けてくれた。

 

 

西畑大吾くんは、演技力が高く評価され、自身も芝居の楽しさに気付き、どこかの誰かには「この先、俳優コースかもねぇ。」なんて囁かれながらも決して、"アイドルとしてずっと頑張っていきたい"という意志を曲げず、関西ジャニーズJr.という大きな組織の先頭に立ち、"アイドル"に徹していた。

大吾くんもこだわりに縛られず、ファンの需要に合わせて柔軟にいろんな顔をして魅せるタイプだ。自分の魅力をわかっているようでわかっていない、わかっていないようで全てわかっている、その絶妙な匙加減に惚れ込んでしまった。

 

 

私は工藤遥ちゃんと西畑大吾くんを、全く別の人間として、全く別の感情で愛している。

それなのに何故………!2人が時々重なる瞬間があるのです……。私は明確な「理想のアイドル像」を持っているわけではなく、それを追い求めて2人に辿り着いたわけでもないのに、2人の"アイドル"としての在り方を掘り下げていくと、心の中で何かがピタッとハマりだし、もう止まりません。

 

 

 

そこで私が感じた、2人の共通点は、

「とてつもなく"アイドル"だ」ということだった。

 

 

 

「アイドル離れした○○!」という言葉をよく聞く。

 

「アイドル離れした歌唱力!」「アイドル離れしたダンススキル!」「アイドル離れした面白さ!」「アイドル離れした運動神経!」「アイドル離れした美的センス!」

それを持つ子は「天才」と呼ばれ、世間から注目された。

 

そんな「アイドル離れした○○」が、2人にはなかった。

 

なのに2人が魅せるパフォーマンスはどの瞬間も魅力で溢れている。

 

ダンスでは、「アイドル離れした○○」がないからこそ、一つ一つの振り付けを全力且つ丁寧に踊り、"アイドル"として自分が魅力的に見えるような工夫をふんだんに取り入れていった。

 

"目立つ" "喜ばせる"という努力を惜しまなかった。

 

苦しそうな表情を浮かべながらも、"全力"でいる事をやめなかった。

 

その人間臭さ、必死さ、不器用さを隠すことなく、模索して挑戦してまた模索して……と、日々全力を尽くし続ける姿に私は"アイドル"というものを痛いほどに感じてしまうのです!

 

 

 

私はハロプロ生まれハロプロ育ち、実力主義ハロープロジェクトの全てを愛してきた女だ。

でも、それ以上に愛してしまったのが「工藤遥ちゃん」だった。なので、不器用でも、何でも、毎日必死で何事にも全力で、サービス精神旺盛で、ファンの需要に敏感で……そんな工藤遥ちゃんが"エース"と呼ばれないことに少し寂しさや切なさを感じていることもあった。

ハロプロはそういう場所だ。と知っていながらも、心の奥底では「そんな子が注目を浴びる世の中になったっていいじゃないか」と思っていた。

 

 

そこで、私は"ジャニーズ"という全く別の畑で、同じような人間臭さ、不器用さ、必死さ、柔軟さ、マメさを持ったアイドル・西畑大吾くんが、大きな組織のセンターを張り、【圧倒的エース】と呼ばれている事実を知る。

 

2人のことを全く別の人間として、全く別の感情で愛している私。

でも、その事実が重なった時、どうしても私は夢見てしまいました。

 

私が「どうして?」と、「どうか報われて欲しい」と願った健気でひたむきな"アイドル"の姿。

 

関西ジャニーズJr.の世界は、そんなアイドルがセンターを張る世界。

 

あの日綺麗に完結した、最愛のアイドルの夢の続きまで見れるような、そんな気がしてきたのです。

 

好きになったきっかけは、こんなにややこしいものではなく、単なる一目惚れのような、落雷のようなものだったのに。

 

f:id:okurapp:20190417220711j:image

 

好きだ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

はじめての春

 

「アフロ犬みたいやんけ!」と、パジャマ姿の大吾くんが元気にツッコむ。世代のバラついた会場内に響く懐かしのキャラ名。ハテナが浮かぶ客席の中でひっそりと同世代が愛おしさを噛み締めている音がする。あ〜これこれと私も双眼鏡を曇らせてキュンとしてしまいました。大吾くんのニュアンス。

 

 

 

大阪はいい街だ〜食べ物が美味すぎる!

お好み焼き屋『ゆかり』のピリ辛きゅうりが絶品すぎておかわりしてしまったし、大吾くんを思いながら食べたガストの麺、ガストはガストでも一味違った。大吾くん、好きです。

 

カプセルホテルの洗面所、隣の人の洗顔が常軌を逸するほどにワイルドで、他人の水しぶきを右頬と右腕でしっかり受け止めるというちょい萎え萎え案件だって、心に"パジャマをズボンにインして松葉杖をつく可愛い大吾くん"を飼っていた世界一HAPPYな私にとってはただのスプラッシュマウンテン、そんな朝です。

 

昨日、3月17日、関西ジャニーズJr.と出会って初めて迎える春でした。

『関西ジャニーズJr. SPRING SPECIAL SHOW 2019』

これが幸せか……………。

 

どうしても忘れたくない細かな好きの数々、文字に起こさず失くしてしまうのは悲しすぎる……。記憶の容量が風呂桶くらいしかない私は、やっぱりここに大吾くんの可愛かったところかっこよかったところ面白かったところ感動しちゃったところ、いろいろばぁ〜〜〜〜〜っと書く事にします。

 

 

 

 

 

 

 

【注意!】ここから先、セットリスト・コントの内容のネタバレをガッツリ含みます!

 

 

 

f:id:okurapp:20190318145013j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

〇コント

 

・お腹が冷えないように?パジャマをズボンにイン!(結構深く)

 

・松葉杖に全体重預ける芝居が上手すぎる。

 

・ペットの風ちゃんと戯れる姿がまるでムツゴロウ

 

・何処と無く感じるつるぎくんの面影(ドラマ『大阪環状線-Part 4- ひと駅ごとのスマイル』)

 

・時々現れるツッコミに対する迷い

 

・「難病を知らされた後、妻の丈子に真実を言えぬまま逃げるように病室へ戻る」この葛藤の芝居がコントというより映画(ジャンル:ヒューマンドラマ)

 

・10tのハンマーで殴られて気絶する時のおててのポジショニング。(両手をプラーンと広げ)

 

・「アフロ犬みたいやんけ!」とツッコミを入れる。大吾くんにとって"アフロ犬"は、今も頭にふわんと思い浮かぶほど身近な存在だと知る。

 

・「おじさん」と言われ苦い顔をする。

 

・笑いを堪えてきゅっと結んだりへの字になったりするお口。

 

 

 

〇SHOW TIME

 

 

~ダイヤモンドスマイル~

 

・靡くマントと不動の前髪

 

・「君には似合わないよ」の振り付け、緩急の付け方、ステップを踏む時の首のニュアンス、媚びない表情

 

・「甘い運命感じて」の振り付け、腰と膝と足元の操り方がピタッと音にハマる

 

・「Your speaking smile is so sweet stone
Bright illusion」の踊り方

 

・踊り方が超丁寧。軽く流すことを知らない。

 

・白馬の王子様のような佇まいなのに、目の奥は戦に備える武士。

 

 

~ペットショップラブモーション~

 

・元から犬なのに、犬の格好をしてさらに犬になってしまった犬。

 

・おしりが可愛い。

 

・微量の抵抗と謙遜を含んだ「ワンワン」

 

・可愛すぎて意識飛んだ為、記憶が無い。

 

 

~新曲『Game of Love』~

 

・バキバキに踊りながら見せる、苦しそうに口を尖らせた表情

 

・挑発的に頸動脈付近をなぞる

 

・フードを被るタイミング、脱ぐタイミング、手捌き首捌き共に天才。

 

・重心後ろ、体を少し反らせて上手側に後退する振り付けの全身バランス(好きの宝石箱)

 

・衣装により肩幅100メートル

 

 

 

~Dream Catcher~

 

・「君のための歌か…」と思わせる説得力

 

・"とめ、はね、はらい"がしっかりとした踊り方

 

・感動と大好きで胸がいっぱいすぎて詳細な記憶がない。

 

 

 

 

もう一度言うけど、感動と大好きで胸がいっぱいすぎて詳細な記憶がない……。

 

 

 

ステージの先頭ど真ん中、この場所に立つのは他の誰でもなく、『西畑大吾くん』だという現実、噛み締めても噛み締めても無限に味がする。

 

闘志むき出しの荒ぶる獅子タイプでもなく、

奇想天外な鬼才タイプでもなく、

諦めず、腐らず、ひたむきに努力をして、謙遜を含みながらも堂々と胸を張ってアイドルを全うする、でもたまにちょっぴりズレてておもしろ愛おしい、そんな人間らしさ溢れる大吾くんが長年センターを張り続ける事実がとても味わい深くて惚れ直してしまう……。

 

 

私はまだ、西畑大吾くん、関西ジャニーズJr.と出会って初めての春なわけで、大吾くんが経験してきた沢山の春、出会いの春、別れの春、葛藤の春、達成感の春、その全てをリアルタイムで感じることが出来ていない。

私が見れなかった沢山の春の中に、大吾くんが今も変わらずセンターに立ち続けている背景全てが詰まっているんだと思うと、胸がアツすぎる。

 

そして私が初めてリアルタイムで感じることが出来たのは、大吾くんが自分の手で創る春。変わらないセンターという位置、なのにガラリと変わっていく環境。その中で託されたSHOW TIME部分の演出・構成という大役。『私のはじめて』にするには贅沢すぎるほど大切で、積み重ねの厚さを感じる素敵な公演でした。

 

 

小柄で、華奢で、儚くふわっと消えてしまいそうな雰囲気も纏う大吾くんが長年センターを張ってきた背景には、沢山の物語があったんだということ、歴史を学ぶ感覚で私はしっかりと身に染み込ませていきたいと思いました。

 

 

「今年は関西ジャニーズJr.の年にしたい!」と語る仲間の声に高く拳を掲げる君、勢い余って永野になってしまう君、全て好き好きの好きすぎだよ〜〜〜〜!

 

 

 

西畑大吾くんが!なにわ男子が!関西ジャニーズJr.が!幸せでありますように!健康でありますように!努力が実を結びますように!(フライング七夕)

 

 

 

f:id:okurapp:20190318110224p:image
f:id:okurapp:20190318110216p:image

 

大好きな背中だ……(涙)

 

 

 

 

 

 

 

スーパーアイドルが生まれた日

 

 

チッチッチッチッ……

 

 

 

 

 

f:id:okurapp:20190108194450j:image

 

 

 

 

 

 

チッチッチッチッ………ボーン

 

 

2019年1月9日

 

 

西畑大吾くん、22歳のお誕生日おめでとう〜!!!!!!!

 

嗚呼!

生まれてきてくれてありがとう…

今日まで健やかに育ってくれてありがとう…

"アイドル"という職業を選んでくれてありがとう…

歌い踊り続けてくれてありがとう…

「一生懸命頑張ることはカッコイイ」と背中で示してくれてありがとう…

忙しい毎日でもファンのためにと決して手を抜かず、ファン向けコンテンツの更新に貴重な休息時間を割いてくれてありがとう…

ファンを不安にさせないようにと、いつも安心できる言葉をくれてありがとう…

年中無休でお顔が可愛くてありがとう…

 

まだいっぱい伝えたい「ありがとう」があるのに、西畑大吾くんへの「ありがとう」の気持ちを全て伝えきるには、"私の寿命が100年"と考えても足りない……足りなすぎる……嗚呼神様……どうかお願いです……と私は唐突に命乞いを始めました。

 

 

 

今日は誕生日を利用して、私が大吾くんに対して思っていること、その1億分の1をここに綴りたい。(唐突の極み)

 

 

 

~ご飯、食べて~

 

大吾くん、ご飯、食べていますか?

 

私がもし子役で、「今すぐ泣いてみろ!」と子役養成所の鬼教官に課題を出されたとしたら、真っ先に「大吾くんがご飯を食べられないでいる姿」を想像して号泣すると思います。

 

ご飯は、大事。

 

大好きな君にはなぁ……お腹いっぱい美味しいご飯を食べて欲しい。

ご飯を食べながら「美味しい」と、ほっと一息ついて欲しい。

お腹いっぱいになり「ごちそうさんでした」と満足そうな君の顔が見たい…って…あっ………かっちゃん……かっちゃん……かっちゃん〜〜〜〜〜…………(涙)

 

 

拝啓 ご飯様……

西畑大吾くんをこの世に蔓延る悪から完全に守り、ほっかほかの温もりを与えてください。

(ご飯を何だと思っているんだ)

 

 

 

~大吾くんは、凄い~

 

大吾くんは、凄いんです。

 

ステージパフォーマンスはいつも全力、手抜きを知らない、清々しいほどに力の抜き方を知らないのだ。

 

いつの時代も一生懸命が一番かっこいいんだ!と、口ではなく背中で語り、真っ直ぐな眼差しで教えてくれるその強さと健気さに、私はいつも「凄い」と心の底から感心して尊敬して心の中の抱き枕をぎゅーーっと抱きしめてしまいます。本当に凄い!

 

 

ステージパフォーマンスだけじゃない。

有料会員サービスのWeb日記にかける情熱もハンパない。

極端な話をすると、このコンテンツの更新は、3行書こうが300行書こうが給料は変わらないだろう。1行だって2行だって3行だって、「今日も短いな〜愛おしい!」「相変わらずめんどくさがり屋さんなんだから〜」などと愛されることも可能なこの世界で、敢えて彼は!じっくり時間をかけて言葉を選び、紡ぎ、ファンが抱えている想いに対する気付きまでも全て言葉にし、毎度毎度笑いあり涙ありの最高傑作長文日記を私達に届けてくれているんだ……。(圧巻)

 

これはもう誰にも否定することが出来ない大吾くんの"凄い"ところだと思う。

「ファンのために」と、サービス精神溢れる優しさでこれだけ自分の休息時間を割くことが出来る人、本当に偉い凄い美味しいご飯もりもり食べて欲しい……。(またご飯)

 

 

でも、そんな事も有難いと、幸せだと言ってくれるプロアイドルとしての強さと優しさに、私は泣いてしまいます……ありがとう……本当にありがとうね世界一幸せになって欲しい。(激重)

 

 

こんな一つひとつの積み重ねがあってこそ、関西ジャニーズJr.という大所帯のセンター兼エースを任されているんだなぁと、彼しかいないと。私は思います。

 

 

視点や価値観は人それぞれ。

一生懸命で少し不器用な大吾くんは、少し誤解されやすい部分もあるのかもしれない、その誤解で悩むこともあるのかもしれないけれど、

大吾くんを愛する私達の目には、大きな夢があって、その夢を何とかして掴み取ろうと必死で、大切な場所や仲間を守りたくて、誰も傷つけたくなくて、沢山の人から愛されたくて沢山の人を愛したい、そんな健気で真面目で真っ直ぐな男の子の姿がいつだって映っています。

 

 

 

 

1年前の自分に教えてあげたい!

この世には、西畑大吾くんというとっても素敵なアイドルがいるよ!応援していて素直に楽しい!嬉しい!大好き!幸せ!と思えるアイドルが!もう間もなくして私の人生に現れるよ!と!

 

 

 

ねぇ……何だったんだろう……最初のご飯のくだり……~ご飯、食べて~のくだりは一体なんだったんだろう………ってくらい前半後半で熱量・行数の差が凄まじいですがどちらも心の底からの気持ちです!

 

 

ご飯をもりもりと食べて!しっかり寝て!身体と心の健康には十分気をつけて!毎日元気に笑っていてね!

 

 

 

お誕生日、ほんとうにほんとうにおめでとうっ!

 

f:id:okurapp:20190108211613j:image

f:id:okurapp:20190108211622j:image
f:id:okurapp:20190108211617j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちょっ……え?

待って……ここで画像貼って終わろうと思ってたんですけど……待って………あまりにも……

 

 

 

 

~顔が、良すぎる~

 

大吾くん、顔が良すぎる。

顔が良くない日が1日もない。

日どころか、顔が良くない瞬間すらない。

子犬のような可愛らしさと男らしさが同居していて……えーっと……あの……いや!いいや!食レポじゃないんだし!顔の説明なんていらない!!!西畑大吾くんの顔、とにかくめっちゃ良い!!!!

お顔が可愛い!!!!!!!

つらい………顔が良すぎるのに「顔が良い」しか言えない自分のボキャブラリーの少なさが悲しい……顔が良すぎるのに……「顔が良い」しか言えないだなんて悲しい……と落ち込むほど顔が良い〜!!!!!!!!!!!

 

 

 

 

 

 

f:id:okurapp:20190108212225j:image

 

おいちぃねぇ……

 

 

 

 

 

 

 

 

あわてんぼうのサンタクロース

 

 

こんにちは。昨日の夜、人生で初めてiPhoneをトイレの便器に水没させた女です。

 

♪もう二度と〜現場ブログなんて書かないと決ぃ〜めたはずなのに〜〜………

 

あわてんぼうのサンタクロースこと西畑大吾くんがくれた幸せを、便器に落とした後アルコールで5億回消毒したこのiPhoneでブログに書き起こして、老後にでも読み返そうと思います。

 

 

 

 

f:id:okurapp:20181217163518j:image

 

 

 

えっ

突然だけどどうしよう。やっぱり西畑大吾くん、可愛すぎる。

 

 

実は一旦寝たんです!やっぱり書くのや〜めたっ!え〜い!って寝たのに!

公演終わり、空港行きの電車に揺られながら日記代わりにブログを更新するのが恒例行事になってきている私は、いつも通りやる気満々で画面に向かっていきましたが、西畑大吾くんのチャーミングさをバッシャバシャに浴びた私の脳内からは一切の知識が消え去り……なんかもう……記憶を辿ってなんとか言語化しようと試みても「可愛い」しか言えず……とりあえず本題に入る前の8行だけを下書き保存。一旦その「可愛い」気持ちを寝かせました。

 

 

なのに!寝かせたのに!朝目覚めてもまだめちゃくちゃ可愛い!逆に「可愛い」が増えてる……!なんで?

可愛いが『カレー、1日寝かせた方が美味くなる』状態……。わ〜〜っ!!!!

 

 

わかってる!男の人に!ましてや成人男性に対して使う褒め言葉や愛情表現を「可愛い」という言葉だけで片付けてしまうのは正解じゃないってことくらい!わかってる!わかってるけど!どうしようもないくらいに可愛い!

 

 

可愛いは可愛いでも、普通の可愛いじゃない。こっちだって語彙力フル回転した末に渾身の「可愛い」を絞り出してお届けしているという事実を世界に向けて発信したい。

 

憧れ、感謝、恋心、尊敬、信仰心、母性、愛おしさ。この全ては「可愛い」に集う。可愛いは感情の終着駅。

 

それぐらい…………可愛かった。

西畑大吾くん、可愛かったよ〜!!

 

 

アイドルとして100点満点の可愛さだった💯

 

 

あっ、ちょっと待って……何より……シンプルにお顔がめちゃくちゃ可愛かった……お顔が可愛すぎてびっくりしちゃった………こんなにお顔が可愛いのに男性として産まれてきてくれた事、凄いです。西畑大吾くんの誕生、奇跡的です。僕らは奇跡でできている。(私の中の相川先生が…)

 

まず、大吾くんが魅せる "アイドルとしての振る舞い" がバラエティに富みすぎていて、その一つひとつを逃さずに掘り下げていってしまうとあっという間に寿命が来てしまう。

 

 

 

 

この時期街中で永遠に流れている某イア・キャリーのあの曲を歌って踊る姿がアイドルを極めすぎていてもはやミッキーマウスだった事、

 

素に戻るとどこか抜けてて、いじられては赤面してた事、

 

MC中、自分が着ているトナカイ衣装のしっぽを触って遊びながらも誰の言葉も逃さず拾ってそっとコメントを添える姿はまさに見た目はコドモ中身はオトナ状態だったって事、

 

バッチバチのダンスナンバーだった新曲、たま〜に一瞬顔に険しさ浮かべながら、それすらも色気に変えて全力すぎるくらいの全力で歌って踊ってた事、

 

盛大にすべって落ち込んでた事、

 

漫才で見せたおふざけフェイスが愛おしさ全開!ボケ担当が板に付きすぎていた事、

 

曲終わりの「♪ジャジャン」という音に合わせてきゅきゅっと身体を小さく動かす世界一可愛い音ハメ職人だった事、

 

自らファミリーマートの入店音を口ずさんだ直後に「Lチキいかがですか〜」とローソンに転職してしまった事……

 

 

星の数ほどある愛おしいポイントから泣く泣くの抜粋です。

 

 

 

 

わーーーん!可愛いよ〜!!うわぁぁぁあ〜!!!あ〜!!!!(発作)

 

 

 

あと、ステージに立つ時の姿勢がいつも

"対・大衆" なのも好き。ナイスな心意気だと思う。

 

私は『アイドル=手の届かない存在』という概念を愛しすぎているので、大吾くんの一人ひとりに深入りせず、会場全体平等に愛を振り撒くようなアイドルとしての在り方にグッと心臓鷲掴みにされるのです……

 

 

 

好きだ〜〜〜〜〜〜!!!!!

 

 

f:id:okurapp:20181217163213p:image

 

 

 

大吾くんは良い意見だけじゃなくアンチの批判も「ファンの意見」と捉えて全て受け入れてしまうような、優しくも危うい性格の持ち主だって事を最近実感する機会が増えました。

(突然話変わったなぁどうした。)

 

謙虚な100の良い意見より、声のデカい1の悪い意見が大きく聞こえてしまうのは、人間誰しも同じ。

(突然の重み)

 

 

オタクなんてただ勝手に好きになって、その後自分の生活で精一杯になっちゃったり他に目移りしたりしてパラパラと散るような身勝手で無責任な生き物なんだから、青春を捧げ、プライベートも保証されていない、そんなリスクを負いながらも自らアイドルとして生きることを選択して私たちを幸せにしてくれている貴方達に意見出来ることなんて一つもないんだよ!生きていてくれるだけで、鬼のように感謝!

 

 

真面目な大吾くんが息詰まった時、誰かがボソッと大吾くんに向けてそんな言葉を言ってあげて欲しいなと、オタクは思います。

大吾くんのお母様、よろしくお願いします。(誰)

 

 

 

はぁ〜〜〜!たくさん可愛くてかっこよくて楽しかった!(突然語彙力小学生)

 

 

あわてんぼうのサンタクロースさんからのプレゼント、大切に抱えておうちに帰ります🎁

 

 

 

 

 

 

 

f:id:okurapp:20181217095448j:image

サンタの概念…………………。

大吾くん、やっぱりちょっと変わってるよね(笑)

 

 

 

 

 

 

 

ショートカットの可愛いあの子

 

 

1年前のPM11:00頃、私は酔っ払いだらけの電車の中で1人"さよなら大好きな人(スピッツVer.)"を聴きながら人目気にせずボロボロ泣いていました。

 

 

さよなら大好きな人 さよなら大好きな人 

まだ大好きな人

悔しいよとても 悲しいよとても

もう帰ってこない それでも私の大好きな人

何もかも忘れられない 何もかも捨てきれない

こんな自分が惨めで 弱くて 可哀想で大嫌い

 

 

 

私はこの曲を「工藤遥」という人間を思いながら聴いていたわけではなく、「"アイドル・モーニング娘。"の工藤遥」を思いながら聴いていました。

工藤遥ちゃんという人間まるごと愛していたつもりだったのに、でもやっぱりいざ卒業です!と、もうコンサートで汗だくになりながら歌って踊る姿は見れません!と、そんな事実を突きつけられてしまうと、自分でも惨めで弱くて情けなくなりましたが、寂しくて寂しくて泣いてしまいました。

 

 

 

 

 

 

 

一年後の私から、一年前の私へ

 

はるちゃんは凄い。はるちゃんは本当に凄い。

貴方は、白い衣装に身を包んだまるで天使のようなはるちゃんが、ゆっくりゆっくり階段を登ってステージの奥へ消えていく姿を見た時、はるちゃん消えてしまうのでは?もう一生会えないのでは?と、その儚さで無性に寂しくなってしまったと思うけど、大丈夫。めっちゃ大丈夫。はるちゃん、めちゃくちゃ生きてる。

 

1月12日、ファンが寂しさに暮れる中、はるちゃんは突然戻ってくる。小さな頃から夢見ていたスーパー戦隊シリーズのヒロインになって。凄くない?大きな夢を叶えたはるちゃんはとっても頼もしくて、でも良い意味で何も変わっていなくって、ほっとするよ。あ、茶髪になってます。すごく似合ってます。可愛いです。

2月11日、快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャーの放送が始まります。凄く面白いです。第1話、軽く50回は見ました。嬉しくて嬉しくて友達にも見てもらい、職場の子ども達からも感想を聞き出し、おもちゃまで買いました。

8月2日、はるちゃんはこの作品で銀幕デビューを果たします。最前列だったので、首が痛かったけど、とっても感動しました。映画を見ている時はあまりのかっこよさに圧倒されて泣きませんでしたが、ホテルに戻ってきてから「あんなに小さかったはるちゃんが、夢を叶えて銀幕デビューか」って、そんな事考えながらシャワールームで泣きました。

そしてはるちゃんはほぼ毎日InstagramTwitter、ブログを更新してくれます。SNSをどんどん使いこなしていくはるちゃんに少しハラハラしながらも、毎日マメにいろんなことを報告してくれるのが嬉しくて可愛くて愛おしいです。自分で作った料理の写真を上げたり、共演者との楽しいエピソードを教えてくれたり、自撮りが盛れた日には4~5枚くらいまとめて上げてくれたり。お友達とお出かけした日なんかは連投で大量に写真を上げてくれるので「すごい楽しかったんだなぁ。よかったね。」ってほっこりします。

アイドルじゃなくなっても、モーニング娘。じゃなくなっても、工藤遥ちゃんは、はるちゃんでした。

 

 

 

 

何だこの激重レターは。一年前の自分、元気?

 

 

 

 

 

PS はるちゃんを通じて出来た、大好きなオタクの友達、今でもいっぱい会えてます。ご安心を!はるちゃん、素敵なご縁をありがとう!

 

 

 

f:id:okurapp:20181210204439j:image

 

 目指せレッドカーペット!

 

 

お客様満足度は夢の国超え、関ジュの秋。

 

私は今泣きそうになっている。

電車に挟まれた。人生で2度目だ。

北国から遥々来た私が、どうして電車に挟まれないといけないんだろう。

でも私は今日、電車に挟まれでもしないと割に合わない程の幸せを体感してきた。無理。私の感情を今一言で表すとしたら「無理。」

 

この感情を整理するにはもう、ブログを書くしかない。140文字の世界でこの感情を処理するのは無理だし、会話という形でこの感動全てを誰かに伝えたら口の中パッサパサになって死ぬ。だからブログを書く。私は、ブログを書きます。

 

 

私は今日、有難いことに、梅田芸術劇場で行われている「関西ジャニーズJr.LIVE 2018 Fall in LOVE ~秋に関ジュに恋しちゃいなよ~」

を見てきた。見させて頂いた。

 

西畑大吾くんの綺麗な顔面を前に人は無力、詳細な記憶は全て梅田芸術劇場に置いてきてしまったのでちゃんとしたレポ等はできませんが、多少セットリストのネタバレを含みますので、ネタバレNGな方は  コチラ  をタップして可愛い西畑大吾くんの画像をご覧になってから逃げてください。

嘘です。タップしても西畑大吾くんの画像は出てきません。

 

f:id:okurapp:20181028223415j:image

 

 

西畑大吾くんとかいう、凄い人。

 

西畑大吾くんが「アイドル」という進路を選んでくれた事実に、感謝が止まらない。

 

俳優でも、歌手でも、ダンサーでも、お笑い芸人でも、モデルでも、犬でも猫でも象でもない。アイドルを………。

 

商品は"自分の技術"ではなく、"その技術を持つ自分"なんだということを、大吾くんは理解しているんだろうなと思った。そこが凄くアイドルだなと。独りよがりな技術の押し付けを感じない。自分をキャラ付けしたりもせず、需要に合わせていろんな顔をして見せた……。恥がない。全方面に向けてマジだった。可愛さもマジ、カッコ良さもマジ、エロさもマジ、おふざけもマジ。彼はいつだって、マジ中のマジだった。求められている自分を精一杯表現して人を惹き付ける事が、大吾くんのアイドル観であり大吾くんが魅せる最高のパフォーマンスなんだと痛感して痺れた。

難しい。日本語の限界を感じる。雰囲気で伝わって欲しい。最高なんだ彼は……。

 

f:id:okurapp:20181028225838j:image

 

~ここから突然始まる、支離滅裂な感想~

 

・恋のABOを踊る大吾くんが、エロすぎる。可愛い顔してエロい。ポップにエロい。アダルト畑大吾。梅芸中の女が妊娠した音を、私は聞いた。

 

・綺麗な金髪から覗く黒いつむじに生命を感じてしまった。生きてる。西畑大吾くんは、生きている。

 

・日本よいとこ摩訶不思議が優勝してる。少年隊に感謝。そして、衣装が抜群に似合っている。ダンスも抜群に上手い。あれは絶対にハイスクールミュージカルとかに出てた人だ。金髪だし。

 

・大吾くんは男性なのに、彼から感じるのはいつだって"母性"だったんけど(参考:大西畑)、今日ちびっこジュニアちゃんの頭をポンポンして微笑みかけながら颯爽と自分の持ち場に戻った大吾くんを見て、初めて抱えきれないほどの"父性"を感じた………。パパ畑大吾くんを、見た。

 

・大吾くんが全身全霊で披露したヲタ芸はあまりにもかっこよすぎて、もはやヲタクそのものの価値まで上げてしまっていた。あんなにかっこいいピンチケ初めて見た。「将来はヲタクと結婚したい。」「ヲタクって、幸せにしてくれそう。」等と考えてしまう程、ヲタクのイメージアップに貢献していましたが、実際あんなにかっこいいヲタクなど世界中のどこを探しても居ないのでやっぱり普通の人と結婚したい。(どの口が言ってんだ)

 

・全力ヲタ芸終了後、サイリウムをポケットにしまう仕草に恋。

 

・大吾くんは絶対に、舌を出せば女が喜ぶと思っている。なんて軽率なんだろう。その通りだから続けて欲しい。恋。

 

・大吾くんはなにわ男子みんなのパンツを1人でお洗濯している。偉い。メンバーのパンツをお洗濯するエース、西畑大吾

 

・大吾くんが1人でスポットライトを浴びながらファンに向けて挨拶をしている時、あまりにも綺麗で、全てが綺麗で、この世の綺麗なもの全てを集めたら西畑大吾くんになるんじゃないかってくらいに綺麗で、綺麗でした。

 

・顔が良かった。顔が良くない時間がなかった。

 

 

恋煩い。

 

 

 

②お客様満足度100%

 

私は今まで、お客様満足度でディ〇ニーラン〇に勝てる場所などないと本気で思ってた。

あった。梅田に。(個人的見解)

 

ジャニーズって元が「カッコイイ」じゃないですか?カッコイイんだから、別にカッコイイだけで十分人々は満足してほくほく出来るんですよ。立ってるだけでもいいし、座ってるだけでもいい。カッコイイんだから。

でも、彼らは1分1秒逃さず全力だった……。カッコ良さも見せたい、可愛さも見せたい、ダンスも見て欲しい、歌も聞いて欲しい、腹の底から笑わせたい、楽しませたい、自分達を見て欲しい、俺達最高だろって……。一人残らず前のめりで全力だった。

 

そんな関西ジャニーズJr.のマジ過ぎるエンターテインメントに圧倒されて、こっちまでマジになってしまった…。マジ卍。

 

絶対梅田芸術劇場に墓を立てます。

 

 

 

そして、ハロオタ上がりの私はとある光景にびっくり仰天大騒ぎしてしまった。

 

アンコールで3階席の通路にメンバーが降臨した時………

「ん?」

「えっ?」

「今」

「今、オタクに触れた?」

「ライブ中に……アイドルが………オタクに……触れた……?」

 

信じられなかった。だって、私達がアイドルに触れるには、最低でも1080円(シングルCD1枚分)が必要だったじゃないか……。夢と現実を出会わせるのにお金がいらないのは逆に困る……。必死に保っていた理性、距離感覚…全てを狂わせないでくれ……払わせてくれ…別途で金を。

 

罪だ………。

 

 

③ファンサービスという、罪

 

私は新たな楽しみ方を発見しました。

「人がファンサービス貰っているところを、見る。」

 

これです。

 

私は3階席から、1階席通路に大吾くんが降臨し、次々と女の子達の手に触れたり、目を合わせて手を振ったり等しながら色気を撒き散らかしている様子を双眼鏡で凝視していました。

まぁ、興奮する。

 

だって……「自分が触れたら喜ぶ」「自分が目を見て手を振ったら女が落ちる」とわかっていて女の子達に次々と幸せをおすそわけ……。

シンプルに興奮します。

でもそんな事アイドルにとっては日常茶飯事であり当たり前の光景なのに、された方は一生物の思い出になってしまう……一生分の特別を貰ったような気分になってしまう……その瞬間を沢山目撃した気がして……私はその光景にとてつもなく痺れてしまい、それを肴にビールとか飲みたくなってしまいました。

 

 

そしてまたねぇ、ファンサービスを貰ったファンの子が最高にいい顔しているんですよ……。だってその子は……大好きな人に会うためにとびきりのお洒落をして……この日の為に一生懸命人生を頑張ってきた一人の女の子……。あらヤダ尊すぎてつんく♂…………。(尊すぎてつんく♂とは)

 

アイドルを取り巻く全ての環境が、私は眩しくて尊くて儚くて大好きなんです(伝われ)

 

 

 

④なにわ男子、誕生

 

10月6日、元気にオギャアと産声を上げた可愛い可愛いユニット「なにわ男子」。

 

西畑大吾くん

大西流星くん

藤原丈一郎くん 

大橋和也くん

高橋恭平くん

道枝駿佑くん

長尾謙杜くん

 

 

 

とっても可愛かった!

とってもとっても良いグループだった!

純粋に「この子達のキラキラした目を濁らせたくない。」と思った。私が5歳女児だったら、宝箱にしていたキティちゃんのカンカンに入れて大事に大事に抱えて持って歩いてたはず。本当に可愛かった。すごくすごく可愛かった。

 

 

私はまだ、関西ジャニーズJr.という存在を知り、好きになってから3ヵ月半程度しか経っていないひよっこだ。

 

関西ジャニーズJr.を長い間応援し続けて、今までリアルタイムでいろんな転機を乗り越えてきたファンの方々からすると、私の言葉や応援するスタンスは少し軽薄に感じるかもしれない。

 

だから私がこんな話をするのはお門違いかと、心の中に閉まっておこうかなとも思ったのですが、制御が効かないのでどうか、生後3ヶ月半の赤ん坊の言葉だと思って甘やかして聞き流して欲しい。オギャア。

 

私は純粋に、なにわ男子がぴたっとぎゅぎゅっと磁石みたいにくっつく姿が可愛くて可愛くて、これからいろんな姿が見られるんだと思うとワクワクが止まらなくてしょうがなかった!

黄色い声援をたくさんたくさん浴びてチヤホヤされてほしい。好きなことをいっぱいいっぱい、のびのびと自由にやってほしい。Berryz工房の"ファイティングポーズはダテじゃない!"を歌ってほしい。夢は膨らむばかりです。

 

 

 

そんな可愛い可愛いなにわ男子ちゃん達には是非、全国に進出して天下を取って貰いたい。日本中を"キラキラ"で染め上げて欲しい!

 

 

でも、それならば!同時に関西ジャニーズJr.全員が天下を取って欲しいと思った。

 

 

だって、向井康二くん、室龍太くん、Funky8をはじめとするベテラン勢、バンド組をはじめとする中堅層の絶対的安心感が凄すぎる。関西を守る母感が凄い。浪速の母。

納豆ごはんで例えるならば、"ごはん"がこの人達だ……。何と組み合わせても合うし、単体でも美味い。

 

 

そして、初々しい新人組は、納豆ごはんで例えるならば"生卵"。

納豆ごはんに生卵混ぜて食べると美味しいんだよ……。美味しすぎて、私は高校の時半年間くらい毎日朝ごはんに"たまごかけ納豆ご飯"を食べ続けていました。それくらい、生卵は良い。

 

 

なにわ男子は、納豆だね。

 

納豆ごはんJr.

 

最終的に納豆ごはんへの愛を語ってしまいましたが、関西ジャニーズJr.の話をしています。

 

 

 

こんなに楽しい世界を知れて本当に良かった…

 

こんなにも魅力的な子達が立つステージに、「梅田芸術劇場」や「松竹座」は狭すぎる。是非、バチカン市国を貸切って屋外コンサートをして欲しい。

 

「関西アイランド 遊びの街 満足100%」

 

………………………その通りすぎる。

 

 

 

 

満足したくなったらすぐにでも、また来ます。

 

ガムシャラに一生懸命頑張る姿、私の人生の教科書です。仕事で壁にぶち当たったら、また来ます。

愛する色男を目の前にすると、肌のハリ、化粧ノリ共に良くなります。肌が荒れたら、また来ます。

事実ですが、言い訳です。すみません。浪費の罪悪感を軽減させる為の言い訳でした。大好きなので、我慢できないので、またすぐに会いに行きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

大吾くん、かっこよかったなぁ…………

えっえっえっ本当にかっこよかったどうしようまってかっこよかったえっえっえっかっこよかった、え………………………

 

 

 

~完~

 

 

 

西畑大吾くんに演じてもらいたい犯人役TOP5

健全でよい子のみんな、絶対に見ないでね。

 

↓   ↓    ↓

〈よい子のみんなはコチラ〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

押した?色変えただけです。

 

 

 

 

 

《映画関係者各位》

 

関西ジャニーズJr.の西畑大吾くんに演じてもらいたい犯人役をここに5つ書いておくのでよろしくお願いします。中島哲也監督、見てる?

 

f:id:okurapp:20180819183337j:image

 

 

 

第5位  復讐系殺人犯

 

第5位って……発音すると「だいごい」……「だいご」………可愛い。

 

 

両親を殺した犯人に復讐する少年役、絶対に似合いません?

 

3つ年上の姉がいて、その姉は復讐に反対している。「あかん!あんな犯人の為に、あんたが悪者になる必要ない……やめて……!」と必死に止める姉の手を優しく振りほどいて「姉ちゃんごめんな……俺が殺らんといかん………」って哀しく呟いて家を出てしまう。

 

へっ……むり………やだ……姉ちゃんあんたが悪者になるなんて耐えられないよ……優しいあんたがさぁ………(姉ちゃんが憑依)

 

こういうタイプの役って、殺した後は自首するか自殺するかの2択だから本当に辛い苦しいむり。

 

◎映画関係者各位

苦しみながら見るので、ご検討ください。

 

 

 

 

第4位 過去に何かあった系放火魔

 

 

思い出の場所を次々と焼き尽くす放火魔。

 

家族なのか恋人なのか、大切な人に裏切られ、その寂しさを埋めるように感情のない目で次々と焼いちゃって欲しい……。

 

燃える様子を見届けて「綺麗やな…………」と弱く囁きながら何事も無かったかのように背向けて、ジャンバーのポケットに手入れてフード被って去って行ってしまうタイプ………

 

 

ご検討ください。

 

 

 

 

第3位 正義を履き違えてしまった系爆弾魔

 

誰だって女なら自担に虚ろな瞳で遠くを見つめながら「僕が地球を救うんだ」とか言って欲しいじゃん…………?私はそう信じてるよ……。

 

わざと警察に電話して挑発するシーンとか見たくないですか?イッちゃってる目で「バーーカ!」って高笑いして欲しい……して欲し過ぎて泣く………(ナカナイデー!)

 

 

中島哲也監督に、見つかれ。

 

 

 

 

第2位 サイコパス愉快犯

 

虫を殺す感覚で人を殺す役も似合ってしまうと思うんですよね……。うん。とても似合っちゃう。

 

ポップな映像や音楽と共に血塗れになりながら惨殺していくタイプのシーンを中島哲也監督的演出で見たい。どんだけ私中島哲也監督好きなの。好きです。大好きです。

 

返り血で血塗れになった顔を手の甲で拭ってニヤッと笑うところとか………見たくない?(ワタシハミタイ)

 

 

 

 

 

 

第1位 甘いマスクの殺し屋

 

金目的で女に近付き、財産全て奪った後ぱぱっと殺すサイコキラー……。

超怖い……でも西畑大吾くんの演技力ならきっと出来てしまいそうで更に怖い……。

 

金目的なのに寂しがり屋で愛に飢えてて、女性を刺した後「俺のこと好きやった……?好きやんな……?な?」って焦った声で問い詰めたりなどするタイプ……。嗚呼……。

 

 

 

 

 

 

 

って何を考えてるんだ私は。

 

 

 

こんな事考えられるのも、私は西畑大吾くんの健気で真っ直ぐな演技に感銘を受けたからで、彼なら自分と真逆の役でもさらりと魅力的に演じてしまうのではないかと、最近思う機会が多かったからです。

 

という言い訳〜〜〜〜〜!!!!

真面目に言い訳してみました。

 

 

 

次回「西畑大吾くんを食べ物に例えたら」

 

お楽しみに!(大嘘)